2010-01-15

連鎖

連鎖という概念こそ、論理そのものだ。
鎖で繋がれたかのごとく、という意味は
事象の前後関係、誘因、必然を示している。
連鎖になることが、自然的で論理的であると言える。

だから自分の説明、文章を構成するときには
頭の中では、図示した鎖のイメージをもつことがいいと言える。
・この鎖は次の鎖とくっつくものか
・この鎖の結びつきは、引っ張ると取れたりしないか
・あまりにもくっつけすぎて絡まっていないか
と考えると、ある程度の論理整合性は保たれる。

ただし、その鎖のイメージを
世間一般、いや説明する人のイメージと合わせておかないと
自分は硬度の高い材質のジュラルミンチェーンでも
相手にとっては、有刺鉄線と感じてしまう。
鎖のイメージはそこの整合性の意識は結構重要なので
論理の連鎖を構築するときはくれぐれも忘れずに。

0 件のコメント:

コメントを投稿