2019-04-26

学業

勉強をすること。学問をすること。
学業が人生において役に立つか?
義務教育がある日本においてはなかなか実感できないと思う。
高校生の数学や物理、漢文などは
実生活では役に立たないと言われる。
その行為自身はそうかもしれないが
難題、回答を導く活動、、それが学業なのだが、
それを実演できる環境はなかなかない。
それを当たり前のように享受、、いや環境があっても
それを拒否、居眠りできることは学びたくても学べないところにいる人たちからすれば贅沢な話のだが、日本人は気づかないんだろうな、一生。

2019-04-25

文人

詩文・書画など、風雅の道に心をよせている人。または、文事をもって仕える人。
つまりに文字に関わる人間のことである。
人間と文字は切って切り離せない。
人間という種とは?というと文字を持つと答えても間違いではない。
文字というもの
読み書きできることで他者と認識の共有できる存在は他では難しい。
音は音
映像は映像
と別のものであるが、それを文字という概念で共通化させているのだから。
まーー、多くの現代人はこういう認識なく、会話、メールをしているが
それはとても行動な技術である。
確かに高度な技術ではあるが、その技術が当たり前に備わっていると思っている割にはなかなか伝わらない。そのことへの自覚と向上させる研鑽が現代人は足りないような。だからこれ以上の進化ができていないのでは?人間は。

2019-04-24

渇番

番号がなくなること。
ITデジタル化が進むと連番でユニークにさせる番号が
取引(トランザクション)の制御単位になる。
取引が盛況になればなるほど、その番号が採番されて、
指定した桁数の範囲をこえてしまい、渇番してしまう。

多くの場合は、サイクリックすることで
1に戻り、連動するデータをシステムからアーカイブすることになるが
なんでもITデジタル化する現代社会、新しいことに飛びつくが
それ以降のこと、今後の保守にはあまり関心がないことが目に付く。

よくあるサービス終了のなかには
そういう渇番に対応するくらいなら別のサービスで
より儲けようと姿勢も垣間見れ、、
デジタルデータが浪費されているなあって思うことばかり。
無尽蔵のようなものの代表がデータのようだが
なんかこの状況に大きな瑕疵、危機が隠れていると見えるのは
僕の杞憂か天眼か。

2019-04-23

提供

相手に役立つように、差し出すこと。

ITデジタルのデリバリービジネスにおいて
提供開始は一番重要なことだが、
そのフェイズゲート、リリースクライテリアが変わってきた。

Windowsまでのパッケージ販売であれば
製品という要素から
いかにいいものを出せるか、その基準に合わないもの
提供しないし、一度でも提供してしまえば
その製品の売れ行きが決まる大きな話だった。
ゆえに生産、販売の中止が控えていた。

しかし、現代のインターネット常時接続時代だと
製品からサービスとなるため、知的財産、先手の概念から
速めにリリースすること、そして不具合をいかに早く、頻度よく対応できるかが
そのサービスの価値になる。
はっきり言えば、どんなものでも出せばいい。それに食いついてくれることが重要だから。
そして、控えているのは出した以上、永続的なサービス提供を求められるかだ
そのサービス提供の仕方がブランド力になるからだ。

納得のいくものまで出さないから
早く出して、そしてその運用保守をしつづけるに変わってきたが
デリバリーを行う、作り手には何も変わりなく
ただただ仕様にあわせて隷属し続けることであり、
そこをどう変えていくは、業種、業態、属する企業ではなく
技術者当人の生き方であることも変わっていないのだがね。
技術者も自分のスキルをどう’提供する’かなのだから。

2019-04-22

朝食

朝に摂る食事のことである。
朝餉(あさげ)、朝飯(あさめし)、朝御飯(あさごはん)。
英語ではbreakfast 意味は断食(fast)を破る(break)こと。

個人的な思いなのだが、飲食店で行わていている
朝定食、モーニングサービス、モーニングビュッフェ、
を夜にしてくれないかなあ。
僕は一日1回しか食事をしない。多くは夜なのだが
世間のモーニングメニューの内容のほうが夜のメニューより食欲をそそる。
確かに、モーニングメニューのほうがコスト高かもしれないが、
夜のメニューではあまり食が進まない者が多く
今では徹夜してモーニングを食べてからひと眠りの生活にあこがれてしまう。


2019-04-19

野営

野外に陣営を張ること。
野外にテントを張って宿泊すること。また、その陣営。
つまり、キャンプのこと。
野営というとカッコ悪いのか、なんでも横文字にしたがる現代日本。
別にやっていること、やっている人は日本古来の飯盒炊飯だったりと。
どうも、日本人って言葉からはいるよね。

2019-04-18

緊迫

情勢がひどくさしせまること。
個人というより、組織団体に向けて使われることになる。
日本って国は面白いというか狂っているというか
世界的にこんなに緊迫しているのに、それをあまり自覚していない。
達観している、動じないっていうのであれば、
鈍感で動き方がわからない鈍重な存在かもしれない。
逆にあまりに緊迫した情勢に反応するとバカのように扱われることのほうが多い。
こういう国家って過去に多かったなあ、、そして植民地化されて亡国になったような。