2015-08-04

異才

人並み外れた才能。
これっておかしくない?
才能って言われること自体、人並み外れているから才能といわれるものであり、
それをまた識別して、異才と言うのはどういう理由なんだろうか?

日本人は基本、他人と同調、一緒であることをよしとする。
それが今までの価値観であり、人と違う能力を忌み嫌ってきたこともあり
他人に畏怖を与えるものは能力であっても、異なるものと見なしてきたから
異才という言葉が生まれたとも言える。

最近の能力主義偏重の現代化
そして、いまだ残る能力への畏怖、忌み嫌い。

だから、日本では能力主義とそれを批判する発想が同勢力で蔓延しているようで
それが社会的停滞を招いているように感じるのは直視できている自分だけのような気がして
それもまた異才なのかなあって思ってしまう。

0 件のコメント:

コメントを投稿